じゅんじとチェンジ!

~3KS(サンクス)井原への道~

大寒波でしたね

  先週の日・月曜日は大変な寒さでしたね。

  全国的に厳寒で、特に九州方面等では「想定外」(?)の断水状況等となりました。
「空き家」の水道管破裂の予防措置は大変な困難さがあります。
  現在、およそ9軒に1軒が「空き家」となっています。
過疎化が進む今こそ、所有者の理解のもと地域(地元)で活かすことを考えないといけません。


 月曜日(1月25日)の窓際の温度計
 -9℃を示しています。午前7時半ごろ
CIMG3580_R.jpg


 * * * * * * * * * *

 <閑話休題>

「地域の創生」は、地域自身の人と知恵で克服する必要を改めて感じています。 
一に 人づくり
二に 知恵だし
三に 資金の手立て
四に 活動の居場所づくり
五に 総合プロデュース

下の写真は市役所の某部署の応接に置いてあったものです。


相手(市民)の立場に立つことと、共に智恵を出すこと
ほんと大切ですね。
CIMG3583_R.jpg


 ☆★☆★☆★☆★

  27日(水)、木之子公民館のサロン活動の一環として「コミュニケーション麻雀」が開催され見学に行きました。

  皆さんはこの「コミュニケーション麻雀」ってご存知ですか?
とりあえず、次の写真を見てください。
 


長テーブルを3本寄せて、各辺に3人~4人程度座られています。
CIMG3595_R.jpg

一つの牌(パイ)の大きさ 10㎝×7㎝×5㎝
重さ 240グラム 材質 竹 (何枚かを接着してあります)
CIMG3593_R.jpg

  
  「コミュニケーション麻雀」・・・聞きなれない言葉ですね。
  神戸発のゲームで、今から7-8年前、発案者は以下のように考えられました。
その「知恵」の原点は、高齢者サロンに男性の参加が少ないという声が出発点。シニア男性が青壮年期に親しんだ『麻雀』。
それも麻雀という響きにある「ギャンブル性を排除」するために、牌を積み木サイズにしたら・・・・・・。
 
合言葉は
 ・飲まない
 ・賭けない
 ・吸わない

そして、ゲームの進行中は 
 ・せかさない
 ・やじらない
 ・黙らない


  参加された20名程度の高齢者のどのお顔も「笑顔」いっぱい。
 2時間があっという間に過ぎました。 


  地域ごとにそれぞれの特性を生かし、「向こう三軒両隣」を実践。
元気で活躍する時間を共有できました。
 吹田市からお越しの講師の先生には、いろいろなご示唆をいただき感謝。
 


  今日は この辺で・・・ 


 
関連記事
  1. 2016/01/29(金) 17:12:30|
  2. 市議会活動報告