FC2ブログ

じゅんじとチェンジ!

~3KS(サンクス)井原への道~

氷が融(と)けたら何になる?

  今日のタイトルは「氷が融(と)けたら何になる?」です。

多くの皆さんは、「それゃー氷が融けたら水になる」とお答えになるでしょう。しかし、「氷が融けたら・・・春になる」ことも正解でしょう。
  このように、一般事象の「問い」に対する「回答」は一つではありませんね。

  地方がいきいきといつまでも元気であり続ける手法も、そこに暮らす人々の課題意識・将来見通しなどにより様々あって当然です。
  「地方創生」は「日本創生」の原点。

  こうした観点からも、この10日間で行われた近隣の動きを2,3か所勉強させていただきました。


* * * * * * * * *

  まず、先月末(1/30)、福山市で開催された「びんご圏域 地域包括ケア チャレンジフォーラム」。
  この10~20年間の超高齢化時代をどう乗り越えるか、医療と介護の関係はどうあるべきか、認知症対策は、ご近所力は・・・

  専門職と地域住民との力の和(輪)、まさに「地域の総力戦」の時代となる中で大変貴重な示唆を得ることができました。
 


エストパルクの会場は満員でした。
CIMG3617_R.jpg


☆★☆★☆★☆★

  この間、井原市内でも、「生涯学習の集い 学びフェスタinいばら」が開催されました。
会場には1年間の地域での取り組み、行政と民間との連携など多岐にわたる現状と夢がありました。
「皆が変われば地域が変わる」ことを確信した時でもありました。
 

デニムで井原発信 !
CIMG3634_R.jpg

 ------------------

  2月8日には、岡山のイオン5階で「NPO・地域交流フォーラム~輝け ! プラチナ世代」(岡山県主催)に参加する機会を得ました。
ここで改めて学んだキーワードを以下何点か書きます。

・これからの時代・・・互助、元気、支え合い
・専門職の壁を超え「地域全体」で支える仕組みづくり
・ソーシャルキャピタル(社会関係資本/人間関係資産)の重要性
・個々を超えた「ネットワーク社会」の構築
・「3ため」(Triple Win)・・・世のため、人のため、自分のため・・・の時代
・「運命」は努力により変えられる
・超高齢化という「異次元」の壁をどう乗り越えるか
・Yes We Can ! 
 


当日の模様の一コマ
CIMG3650_R.jpg

津山市の北部「NPO法人スマイル・ちわ」の取組の一例
CIMG3660_R.jpg


 ##########

地元、出部(いずえ)公民館も地域住民の活動拠点として元気力を発揮しています。
 


 2月5日(金)の「いずえカフェ」・・・コーヒー・お菓子付きで500円
CIMG3640_R.jpg

 子ども神楽の練習風景
CIMG3610_R.jpg


  今日は この辺で・・・ 



関連記事
  1. 2016/02/12(金) 12:18:20|
  2. 市議会活動報告