じゅんじとチェンジ!

~3KS(サンクス)井原への道~

3期目の議員活動開始、いよいよです!

  5月1日(月)、新議員20名と執行部との初顔合わせが、市役所でありました。
瀧本市長の歓迎のあいさつの後、議員・執行部のそれぞれが自己紹介。

  その後、井原市議会関係例規(条例や規則)や議会申し合わせ事項等の配布・説明が行われました。

  その際にひしひしと感じたこと、それは
 「地方創生」・・・この言葉の持つ重い意味を、私たち議員は、将来の井原市発展に向け、しっかりと胸に刻み、地域の元気・成長に向けそれぞれが活動する必要性です。
  そうした中、正副議長の選出や、所属委員会等を決める大事な「臨時市議会」が、11日(木)と12日の2日間、開催されます。
今後、県下で最初に策定した「議会基本条例」(議会の憲法とでもいうきまり)の行先が注目されています。

 改めて「市民から選ばれた議員」として、(難しい言葉でいうと「二元代表制」のもとでの)地方経営の時代の「議員・議会」が問われています。市民の方々の想いを市政に届けるべく、私たち新議員・議会は真剣に立ち向かわなければなりません。


* * * * * * * * * *

 先月27日(木)、午前10時から昔の職場の退職者で構成している「福山市古松会(こしょうかい)」に参加してきました。
定例総会後、新福山市長の枝廣直樹さんによるお話がありました。

 (福山市古松会=1971年(昭和46年)発足、福山市に勤務し、課長以上の職にあった退職者で組織、会員数478名。昨年の市制100周年記念事業に、この会から100万円の祝い金を福山市へ寄付しています)


  「ふくやま未来づくりビジョンへの5つの挑戦」と題し、中枢都市福山市のリーダーとしての思いの一端をお聞きすることができました。
 枝廣福山市長は

①福山市の強み・・・オンリーワン・ナンバーワン
②就任後の取組・・・スピード感、情報発信、連携
③これからのまちづくりに対するビジョン
  -CHALLENGE TO THE FUTURE-
 現場主義・・・市民に寄り添う市政の実現


の3点について、お話されました。

1時間余りのお話でしたが、要領を得た内容で、とても参考となりました。
 



枝廣福山市長の講演から
4/27 福山ニューキャッスルホテルにて

IMG_2899_R.jpg


  今日は  この辺で・・・ 


関連記事
  1. 2017/05/02(火) 21:20:11|
  2. 市議会活動報告